日本語 english
素晴らしい人生に導く金融アドバイザー集団 お金のご相談なら株式会社ワンダフルライフへ
株式会社 ワンダフルライフ
10:00~19:00(月〜金)

保険証のパワーで医療費の自己負担割合は3割以下になる【テストブログ】

今回からしばらくは公的医療保険の保障内容を説明します。

公的医療保険の保障内容と言うと堅苦しいですが、要するに「保険証のパワーで怪我や病気のコストがどれだけ少なくなるか」ということです。

保険証のパワーを知った上で「保険証では力不足」という点があるなら、民間医療保険に入ればいいです。

今回は「保険証のパワーで病気や怪我にかかる医療費の自己負担割合がいかに低く抑えられているか」について説明します。

自己負担割合は厚生労働省作成の図がわかりやすい!!

医療費の自己負担割合については、厚生労働省作成の図に要点がまとまっています。

医療費の自己負担割合は

  • 小学校入学前の子供は2割
  • 小学校入学後70歳になるまでは3割
  • 70歳以上でも現役並みに稼ぐ方は3割
  • 現役並みに稼げない70歳以上75歳未満の方は2割
  • 現役並みに稼げない75歳以上の方は1割

とってもわかりやすいですね。

医療費の自己負担割合については、加入する公的医療保険の種類によって差がつくことはありません。

国民健康保険でも共済組合でも、自己負担割合については保険証のパワーは同じです。

以上で本日は終了です。解散!!

…でも良いのかもしれませんが、それでは記事を書いた意味がないので補足します。

保険証のパワーにさらに助太刀!!子ども医療費助成制度

補足が必要なのは、小学校入学前の子供にかかる医療費の自己負担割合についてです。

保険証のパワーだけでは、自己負担割合は2割までしか下がりません。

しかし、すべての自治体で子供の医療費に対する助成が行われているので、実は自己負担割合はもっと下がるのです。

子どもの医療費に対して、すべての都道府県・市区町村で独自の助成が行われており、都道府県では「就学前まで」、市区町村では「15歳の年度末まで」の助成をしている自治体が多い。また一部負担をゼロとしている自治体は、都道府県では9県と少数派だが、市区町村では6割超と多数派になっている―。(全都道府県・全市区町村で子ども医療費に何らかの助成、中には22歳まで助成する自治体も―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療)

我が忍者の里でも中学卒業までの子供の医療費は無料です。すなわち自己負担割合はゼロ!!

お子様がいる方、お子様ができる予定の方は、お住まいの自治体の子ども医療費助成制度を調べておきましょう。

「子ども医療費助成制度 (自治体名)」で検索するといいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です